立体的にプリントできる3Dプリンターを使ってみよう

ウーマン

格安で電話番号を取得

電話

インターネット網を利用した電話サービスをIPフォンです。プロバイダが提供するIPに申し込むことで、電話番号の取得が可能となります。情報を知る相手のみしか発信できないため、ビジネスを行なう際にも役立ちます。また、費用を安く抑えられるため、お得に利用できます。

もっと見る

手に入りやすくなった機器

3次元プリンタ

モノづくりが低価格で

近年注目されている3Dプリンターとはどういうものなのでしょうか。アメリカでは80年代から既に車のメーカーなどで試作品様に使われていたということですから日本に入って来るまでには随分時間が掛かっています。従来のプリンターは紙にインクで印刷するものでしたが、3Dプリンターは樹脂などで立体が造形出来るという画期的な商品です。今までは製品の型などを作るのには大金がかかっていましたが、3Dプリンターがあれば資金力に乏しい小さな会社や個人営業のデザイナーなどにも安いコストで商品が作れるようになります。3Dプリンター自体の値段が低価格帯の製品だと20万円位からと安くなってきたので、様々な会社などの購入視野に入ってきています。

コストを削減する機器

現在はまだ樹脂や金属での造形が多いので製品そのものというより型作りに利用される事が多いですが、将来的には様々な材料で製品そのものも製造出来るようになると考えられています。外注を使っていた会社でも3Dプリンターで自社製品が作れるようになります。また、最近は3Dプリンターサービスが増えてきているので初期投資をしなくてもデータだけで型が作れるようになりました。3DCADなどのデータを渡せばその通りに造形した樹脂のモデルを作って貰う事が可能ですから、個人事業主レベルでも費用がぐっと下がると評判になっています。大きなものから小さなものまでこれからのモノづくりには、3Dプリンターが欠かせなくなるでしょう。

OA機器のコストを下げる

複合機

コピーやプリンター、スキャンなどの機能を一台に詰め込んだ複合機は、オフィスの業務を効率的に行うためにも欠かせない機器です。新品の価格の高さに不安を感じるなら、中古の複合機を選ぶと割安に導入できます。内部の交換などがされている中古なら、動作も確実で安心です。

もっと見る

印刷コストを下げるため

インク

京セラのコピー機を購入した場合、メーカーが販売するトナーを購入する必要はありません。京セラの規格で作られたリサイクル製品のトナーが安く販売されていますので、そちらで印刷すればコストを驚くほど下げられます。

もっと見る